フロゴルファー猿 Hero's Gallery

過 去 の 出 来 事 2020.05の出来事 2020.10の出来事 2021.03の出来事 2021.08の出来事
2022.01の出来事 2020.06の出来事 2020.11の出来事 2021.04の出来事 2021.09の出来事
2022.02の出来事 2020.07の出来事 2020.12の出来事 2021.05の出来事 2021.10の出来事
2022.03の出来事 2020.08の出来事 2021.01の出来事 2021.06の出来事 2021.11の出来事
2022.04の出来事 2020.09の出来事 2021.02の出来事 2021.07の出来事 2021.12の出来事
2022/05/22 Sun
富山市は今年度から、高齢者の運転免許証の自主返納を後押ししてきた「特典」を県内で初めて廃止した。自主返納という制度自体の周知が進んだことを理由としているが、免許保有者の中で高齢者の占める割合は年々増加しており、政策変更には戸惑いの声も出ている。

2022/05/21 Sat
北海道・知床沖の観光船沈没事故で、政府は、運航会社に対し、来週にも事業許可取り消しの手続きを始める方向で検討している。観光船「KAZU I」が沈没した事故で、「知床遊覧船」に対して進めている特別監査の結果を来週にも公表し、ずさんな運航管理を行っていたとして、「事業許可取り消し」の手続きを来週にも開始する。

2022/05/20 FRi
韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は19日、非公開で開かれた国会情報委員会で、北朝鮮が新型コロナウイルスの感染拡大の中でもミサイルを発射する兆候があるとして、「核実験も準備を終え、タイミングだけを見計らっている」と報告した。

2022/05/19 Thu
フィンランドとスウェーデンは18日、欧米の軍事同盟「北大西洋条約機構(NATO)」への加盟申請書を同時提出した。NATO(本部・ブリュッセル)に駐在する両国大使がストルテンベルグ事務総長に手渡した。両国ともにロシアによるウクライナ侵攻で危機感を強め、長年保ってきた中立の立場からの歴史的転換を決断した。

2022/05/18 Wed
ウクライナ軍参謀本部は17日、南東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所に籠城してロシア軍への抵抗を続けていた兵士らの退避が始まったと発表した。親露派武装集団が実効支配するドネツク州内にいったん移送され、ウクライナ側が拘束したロシア軍の捕虜と交換する予定という。

2022/05/17 Tue
韓国の対北朝鮮関係を所管する統一省は16日、新型コロナウイルスの感染が急激に拡大しているとみられる北朝鮮にワクチンやマスクなど医療用品を供給する方向で、二国間の実務者協議を提案したと明らかにした。北朝鮮からの返答はまだないという。

2022/05/16 Mon
夏の参院選が迫り、自民党と日本維新の会は批判の応酬を繰り広げている。以前は近い関係にあった両党が対決モードに入った背景には、自民党が昨年10月の衆院選で野党第2党に躍進した維新への警戒感を強めていることがある。維新も保守票など自民支持層の切り崩しを狙っている。

2022/05/15 Sun
インドが小麦輸出を即時禁止した。ロシアによるウクライナ侵攻で小麦供給は逼迫している。インド商工省商務局・外国貿易部の13日付の通知によると、国内の食糧安全保障を万全にする。ただし、他国の要請や取り消し不能の発行済み信用状がある場合は輸出を許可する。

2022/05/14 Sat
欧州連合(EU)のミシェル大統領は、被爆地の広島市を訪れ、声明を発表。ウクライナに侵攻したロシアが「許し難いことに核兵器の使用に言及している」と非難。北朝鮮も「違法で挑発的なミサイル実験を繰り返している」として「世界の安全保障の脅威となっている」と批判した。

2022/05/13 Fri
フィンランド政府はNATO=北大西洋条約機構の加盟について「速やかに行う」と表明しました。フィンランドはロシアと1300キロの国境を接していて、これまで伝統的に軍事的中立の立場をとってきましたがロシアによるウクライナ侵攻を受けこれを転換することになります。

2022/05/12 Thu
岸田政権の肝いり政策、「経済安全保障推進法案」が参議院の本会議で可決・成立しました。経済安全保障推進法案は、中国のハイテク分野での台頭などを背景に、半導体などの重要物資が安定的に供給されるよう、国に企業の調達先や在庫を調査する権限を与えることなどが盛り込まれています。

2022/05/11 Wed
バイデン米大統領が安全保障を担当する高官に対し、ロシア軍関連情報のウクライナとの共有についてメディアにリークすることは非建設的だとして、やめるよう指示したと報じた。情報共有はウクライナ軍の反撃に有益となっているが、公になることでロシアを一層刺激するとの懸念があるようだ。

2022/05/10 Tue
ロシアのフスヌリン副首相は8日、ウクライナ・マリウポリを訪問した。ロシアによるマリウポリへの攻撃が始まって数週間が経過したが、フスヌリン氏は同地に足を踏み入れたロシア政府当局者としてはこれまでで最も高位の人物となった。

2022/05/09 Mon
米中央情報局のバーンズ長官は7日、ロシアのウクライナ侵攻を受け、中国の習近平国家主席が「動揺している印象を受ける」と語った。侵攻で明らかになったロシア軍の残虐性により、ロシアと緊密な関係を維持する中国が「評判を落としかねない」と指摘。習氏は「予測可能性」を重視しており、「戦争に伴う経済の不透明感」も習氏の動揺につながっていると説明した。

2022/05/08 Sun
新型コロナウイルスの流行が始まってから2年余りがたち、日常生活に定着したマスク。海外では着用義務が撤廃される国もあるが、国内では大勢の人がつける光景は変わらない。熱中症やコミュニケーションの障害になることへの懸念から、どんな場面で外せるのかを政府が発信すべきだと指摘する専門家もいる。

2022/05/07 Sat
米国のジェン・サキ大統領報道官は、バイデン大統領が5月下旬に日韓両国を歴訪する際、両国に米国の拡大抑止(核の傘)の提供を堅持する考えを伝えることを明らかにした。ロシアや北朝鮮による挑発活動の活発化を念頭に、同盟国に対する強固な核抑止力の維持をアピールする考えだ。

2022/05/06 Fri
岸信夫防衛相は4日、オースティン米国防長官と会談した。日米同盟の抑止力と対処力の強化を急ぐと同時に、日本政府が国家安全保障戦略を改定することを念頭に双方の安全保障戦略を緊密に擦り合わせていくことを確認した。オースティン氏は、核戦力を含む抑止力で日本を守る「拡大抑止」について、「米国の関与は揺るぎない」と述べた。

2022/05/05 Thu
岸田首相とローマ教皇フランシスコとの会談が4日朝(日本時間4日午後)、バチカンで始まった。両氏は「核兵器のない世界」の実現に向け、協力していくことを確認するとみられる。日本の首相がバチカンを訪問するのは2014年6月の安倍首相以来だ。教皇は2019年11月に来日した際、広島、長崎で核廃絶を訴えた。

2022/05/04 Wed
新型コロナウイルスについて、東京都はきょう新たに3357人の感染を発表しました。先週火曜日の5048人から1691人減り、22日連続で前の週の同じ曜日の感染者数を下回りました。東京都は「検査を受けず、医師が感染と診断した」“みなし陽性”の患者も感染者として発表していて、1人が“みなし陽性”の患者でした。

2022/05/03 Tue
2021年、沖縄県などに大量に漂着し、大きな問題となった「軽石」。この「厄介者」が皆が喜ぶ「土産物」に変身しました。手がけたのは遠く離れた鳥取の企業です。原料に使われているのは海底火山の噴火に伴い、2021年秋に沖縄の海岸に相次いで大量に漂着した軽石です。

2022/05/02 Mon
ウクライナ避難民のための、物資輸送支援の第一便として1日午前10時ごろ、埼玉県の航空自衛隊・入間基地からC-2輸送機1機が出発した。自衛隊機による物資輸送は6月末まで週1回程度のペースで行われる予定だ。

2022/05/01 Sun
さいたま市議会は29日未明の臨時本会議で、市役所本庁舎を現在の浦和区からさいたま新都心(大宮区)に移転するのに必要な条例改正案を3分の2以上の賛成で可決した。旧浦和・大宮・与野市の合併以来、20年続いた本庁舎の位置を巡る議論が決着し、移転が正式決定した。市は今後、2031年度の移転を目指して基本計画の策定に入る。
ページのtop へ

Copyright © 2002-  Hero's Gallery Corp., All rights reserved.